Just another WordPress site

年越しそばは江戸時代からの風習

年越しそばは古くから大みそかには欠かすことができないものとなっています。歳末の風物詩とされていて多くの人にそばが食べられています。そんな年越しそばを食べるようになったのは江戸時代から食べる風習が生まれたとされています。年越しそばを食べる意味として今年一年の災厄を断ち切るという意味があります。そばには他の麺類と比べて切れやすいからそのような意味を込めて食べられるようになりました。そしてそばは健康にも

" (続きを読む...)

未分類

精進料理は日本料理なのか

精進料理の「精進」とは仏教の言葉で、ひたすら仏道修行に励むことをいいます。そして、肉食せず、菜食することをも指します。精進料理には肉や魚介類を使用せず、野菜、穀物、海藻、豆類、木の実や果物を使用します。「精進揚げ」とは、野菜を使用した天ぷらのことです。また、純粋な菜食では不足しがちなたんぱく質の摂取に配慮しなければなりませんが、豆類がその役割を担います。高野豆腐などは精進料理から発展した保存食です

" (続きを読む...)

未分類

そうめんとはどのようなものか

そうめんは約1300年の歴史を持ち、中国から伝来した原型は、いわば日本の麺のルーツとなっています。
奈良県の桜井市がその発祥の地となっており、現在でも「三輪そうめん」の産地となっています。
鎌倉時代や室町時代には高級品とされ、江戸時代の頃に今のようなつけ麺のスタイルになりました。
似ている種類に冷麦がありますが、その違いは基本的には太さとなっており、そうめんの太さは1.3mm未満と定められています"

" (続きを読む...)

未分類

1月7日の七草粥とは

日本では1月7日に七草粥を食べる行事があります。神道の神事とされており、6日の夜に特定の七草を摘んできて翌日の7日の朝に食べるのが七草粥です。七草に含まれるのが、セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七草です。この日には日本全国でおかゆにちなんだ神事が行われ、新年の行方を占ったり、一年の健康を祈願したりする行事が行われます。七草を食べると一年を健康に過ごすと言われて

(続きを読む...)

未分類

ただの日本酒ではないお屠蘇

お屠蘇は、邪気を払い、長寿を願ってお正月に飲まれる縁起物のお酒です。中身は日本酒だと思っておられる方も多いかもしれませんが、お屠蘇は薬酒です。「屠蘇散」という生薬を日本酒やみりんに浸して抽出して作られます。使われる生薬の内訳は、白朮、山椒、桔梗、肉桂、防風、陳皮などです。効能としては、健胃、血行促進、また、初期の風邪にもよいとされます。健康を願って飲むのにふさわしいお酒といえます。

お屠蘇として"

" (続きを読む...)

未分類

雑煮は元日に初めて汲む水で作る

古くから雑煮は、年神様に供えた餅のご利益を、家族みんなが頂戴するために作る料理といわれています。そのため雑煮を作るために使われる水は、若水と呼ばれる元日に初めて汲む水を使い、一年の邪気を払うという意味もあるようです。室町時代に、前菜として里芋や山芋、大豆など身体に良い7種を入れた煮物で、江戸時代には、何をいれて煮てもよいことになり、全国各地に特色を出した雑煮が生まれることになりました。おもに関東風

(続きを読む...)

未分類

おせち料理はお祝いの料理です。

おせち料理とは、お正月に食べるお祝いの料理のことです。
かつての日本では、主婦を家事労働から3日間は解放できるように、保存のきく食材を使用していました。
お正月に火をあまり使わないようにする、物忌みなどのいわれもあります。
以前の日本では、黒豆や田作り、煮物、焼き物、伊達巻などを作って重箱に入れたものですが、現代は働く女性が増加しているため、お店で購入する人が増えています。
おせち料理は、従来の和"

" (続きを読む...)

未分類